肩こりに悩んでいたらモットン

今、私は58歳で肩凝りは14歳からなので長いお付き合いという事になります。

肩こりとの出会い

最初の頃は肩凝りだとわからず、1ヶ月に1回くらいのペースで頭痛と吐き気に襲われ、何か重い病に侵されているのではと思っていました。

同じ症状の友人から肩凝りだと聞かされびっくりしたのを覚えています。病院に受診すると根本的に治すというより、頭痛が起こる前に痛み止めを飲むという治療で1ヶ月に大量に飲んでしまうという事を繰り返していました。

社会人になり金銭的に余裕が出てくるとマッサージに通い対処していました。マッサージをしてもらっている時は気持ちが良くて極楽気分ですが次の日には何も変わらず、でも極楽気分が忘れられず、お金をいっぱいつぎ込んでしまいました。肩凝りは血流が悪く、老廃物がたまっていく為起こるらしいのですが、筋肉を揉む事で細胞を押しつぶし血流の改善にならないので良くならないとの事です。

痛みを和らげる

もし、痛みを和らげたいのであれば、ホットパックやホッカイロ等で温めることがおすすめです。冷湿布などで冷やしてしまうと血管が収縮してしまって悪化してしまいます。今、私が一番おすすめなのは、低周波の治療で1秒に60回の振動が体内を駆け回るというもので、1ヶ月程通ってみてこの頃肩凝りが改善していることを実感しています。

又、姿勢にも関係があり、正しい姿勢であることが肩凝り防止に繋がると思います。

私は普段、肩や首に力が入っているらしく、肩凝りの原因もそこにあると言われました。なかなか、気をつけるというのは難しいのですが私は軽くストレッチをしたりストンと力を抜いてみたりと時間を見つけて身体をほぐすようにしています。

近頃ではパソコンや携帯電話を見る事も度々あるかとおもいますが。長い時間見続ける事で視力が著しく悪くなり、それが肩凝りに繋がっていくという事も良く耳にします。時間を決めて利用して、1時間に1回ぐらいは肩を回したりストレッチをおすすめします。首を回したり、首筋を伸ばしたり、熱いタオルで目を温めたりという方法が良いでしょう。

たかが肩凝りと言われるかもしれませんが、頭痛は立ち上がれない程の痛みですし、筋肉の硬直や、血流の悪さというのは他の病気を併発する怖れもありますし、逆に高血圧や脳梗塞や心筋梗塞などの重い病気が隠れている可能性もあります。あまりひどくならないうちに対処して、なかなか治らないようなら他の病が隠れているかもしれないので循環器内科等に受診された方がいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です